FC2ブログ

ふぇっくのたわごと…。 | 私のたわいもない独り言ですので、聞き流してやってくださいませ。(笑)

ルーヴル美術館展~地中海 四千年のものがたり

DSC_0154.jpg


7月20日から東京都美術館で開催中の、「ルーヴル美術館展~地中海 四千年のものがたり」を観に行きました。

台風の影響で、大雨強風波浪警報が出ている日に美術館に行く人は、余程の愛好家か、たまたまこの日に上京して今日しか観ることが出来ない人しか行かないでしょうね。
私は当然後者となります。(^^ゞ
でも台風のお陰で、ゆっくりと鑑賞することが出来ました。

本展は、西洋と東洋の文化がダイナミックに交差する場でもあった「地中海」をテーマとして、古代から19世紀まで、四千年におよぶ「時間と地域を超える旅」に誘います。
B.C.2000頃のギリシアの作品に始まり、エジプトの像や木棺が続きます。

今回の展覧会の目玉とも言うべき作品は、古代彫刻の傑作<アルテミス、通称「ギャビーのディアナ」>
今回初めて、館外に出品された日本初公開のアルテミス像。 通称「ギャビーのディアナ」と呼ばれている狩りの女神アルテミス像です。
紀元前4世紀の名高い彫刻家プラクシテレスの様式をくむ作品の、ローマ時代の貴重な模刻とされ、清楚な容貌と自然なたたずまいが優美です。
体に纏った衣装のディテールが物凄いです!とても削りだした石で出来ているとは思えません。布に見えてしまいます。

展示構成は時代別に分かりやすく、紹介されています。

1章 海、大地、港、交易の島々
2章 初期の交流 -紀元前の東地中海-
3章 我らが海 -ギリシア、カルタゴ、そしてローマ-
4章 東へ -十字軍の時代(11-13世紀)-
5章 オスマン帝国と西欧 -16~18世紀の地中海-
6章 芸術家の地中海旅行(18~19世紀)


このほかにも、ロココ美術の華麗な作品、フランス画家・シャセリオーによるオリエンタリズムあふれる絵画など、多くの貴重な文化財が特別出品され、地中海の魅力に迫ります。

いよいよ来週月曜が最終日です。まだのお方はご覧くださいませ。

スポンサーサイト



Category : 旅行
Posted by ふぇっく on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。